美しくなりたいから勉強!まずはIPSコスメティックスから始めます

美しくなりたい…その気持ちは女性なら誰もが持っていると思います。 でも思うだけではキレイになれません。気になっている化粧品がどんな成分でできていて、どんな効果があるのか…本当に効果的な化粧品やサプリは何なのか。勉強しなくては。 そう思いこのブログを始めました。 メモ代わりにこのブログに調べたことを蓄積させていきたいと思います。 まずは今私が一番興味のあるIPSコスメティックスから。

美容のことが気になるなら肌に優しく

美容のことが気になるのなら、肌に優しくすることを意識しましょう。乱暴に扱って良いことは起きません。鍛えるといった意識で扱うよりも、優しさを意識して扱うほうが美しく保つことができます。

肌に触れるものは、柔らかい方が美容に良いです。古くなってゴワゴワしたタオルよりも、新しくてフワフワのタオルの方が優しいですから、毎日使っていると違いが出てきます。洗顔後に使用するタオルは柔らかいものを使用するようにしましょう。タオルだけでなく、枕カバーなど肌に触れるものは刺激の少ない柔らかいものを使用したほうが安心です。

柔らかさと同じように意識したいのが清潔さです。雑菌が繁殖しているようなものを使えば、雑菌がついてしまいます。せっかく洗顔して清潔にしても、雑菌が繁殖しているようなタオルを使用すればまた不潔になります。そうならないように、常に清潔なものを使用することが必要です。

清潔なものを使っていると思い込んでいると危険ですので、冷静に見直してみましょう。洗顔後のタオルに限らず、肌に触れるものはたくさんあります。毎日のことですからついうっかりしてしまうことも考えられますので油断は禁物です。見逃しがちなのはメイクに使用する道具です。パフやブラシなど同じものを使い続けていれば不潔になってしまいます。メイク道具などもお手入れをして清潔に使うようにしましょう。

メイク道具には洗ってすぐに使えるようなものばかりではありません。清潔に使うためには複数用意して使いまわすといった工夫も大切です。また化粧品の劣化にも注意しましょう。化粧品にも使用期限があります。また保管の状況によっては劣化が早くなってしまいます。開封済みの物はもちろん、未開封の物も正しく保管しましょう。持ち運びしている化粧品にも注意が必要です。暑さなどにより劣化が早く進んでしまうことも考えられるからです。劣化した化粧品を使うのは危険ですから、小分けして持ち歩くなど工夫して対策をしましょう。

 

美肌美容の基本は洗顔から始まる

美肌であればメイクのノリもよくなり、不自然なメイクもしなくて済みます。

メイクが濃くならないことは見た目だけでなく肌に負担をかけないことにもなるので将来の肌にとってもプラスになります。

さらにスキンケアもシンプルで良くなるので美容代の節約にもなりますし、時間の短縮にもなります。結局は美容の基本は肌質ということになります。そのためにはまずは肌を素に整える洗顔方法からこだわっていくことが重要なのです。

メイクばかりに気を取られがちですが、ベースとなる洗顔が意外と重要で、肌の質を左右するのです。洗顔というとしっかりとメイクや皮脂、汚れを落とすこととが大切と思いがちです。

もちろんメイクが残っているとトラブルの元になりますし、肌の酸化を招いてしまいます。だからと言ってしっかりと強い成分で洗いすぎる、擦りすぎる洗顔をするとキメが壊れたり、必要な皮脂まで奪ってしまい、肌を過酷な状況にしてしまいます。

洗顔料は汚れを浮かせる、落とすことを主目的にしていますが、それが度を過ぎると必要なものまで洗い流してしまいます。

例えば顔の皮膚に誰でも常にいる常在菌は良い働きをする菌もいますので、そこまで落としてしまうとバランスが崩れてしまいます。

同じように皮脂もバリアの役割をするのに必要な存在です。肌内部の水分の蒸発を抑えて、外部からの刺激から守ってくれますのである程度は必要なのです。

しかし、全部を洗い流してしまうような強い成分や洗い方をしてしまうと裸の状態になるので敏感になりますます乾燥してしまいます。

肌の調子が悪いのは意外と洗い方や成分に原因があるかもしれません。美容成分で潤いを与えて守るタイプも出ていますので、洗い流すことだけではなく、守るという視点からも考えて行うと、肌に優しい上にしっかりと汚れを残さず透明感のある肌にキープすることもできます。素肌に戻す基本の作業ですから、一番重点を置くべきスキンケアなのです。

肌の美容にために正しいスキンケアをチェック

肌に起こるトラブルにはニキビやシミ、乾燥やほうれい線など様々な症状がありますが、これらをケアするためには正しいスキンケアを行うことが大切になってきます。綺麗になるために行っている方法が、実はトラブルの元になっていることもあるので、今一度見直してみるのがおすすめです。

正しいスキンケアは、まずは自分の肌質を理解することからはじまります。乾燥がひどかったり、おでこや鼻の皮脂が目立つなど、自分の体質にあわせて洗顔料や化粧水などを選ぶことが大切です。特に敏感肌の人はスキンケアアイテムの成分表をチェックして、刺激になる成分が配合されていないか確認するように心がけましょう。

美容に良いスキンケアの基本は洗顔にあります。顔を洗う時は洗顔料を十分に泡立てて、泡で汚れを落とすことを意識してみましょう。指でゴシゴシと顔をこすると摩擦が負担になったり、汚れを毛穴の奥に押し込んでしまう可能性があるからです。さらに洗顔料を顔に乗せる時は鼻やおでこなど、皮膚の厚い部分から洗いはじめるのもポイントになってきます。

泡を洗い流す時も手のひらでこするのを控えて、手を当てる程度の刺激で抑えるように心がけましょう。これに加え、充分にすすぎをすることも大切です。

洗顔をした直後の肌は、顔の表面についた水と同時に内部の水分も蒸発しやすくなっています。ですので、すぐに化粧水を使用することが重要です。化粧水を使う時は顔を洗う順番とは逆に、肌がデリケートな頬や目元から化粧水を補っていくのがおすすめです。

美容アイテムには化粧水のほかに、乳液や美容液、クリームなどがありますが、どのような順番で使ったら良いのか悩む人が少なくありません。スキンケアアイテムの使う順番は化粧水からはじまり、美容液、乳液、クリームと進めていくのがおすすめです。まず化粧水を使うことで美容液の浸透を高めることができるからです。その後、乳液やクリームなど油分のあるアイテムを使うことで、水分の蒸発を防ぐことが期待できます。

美容の基本となる正しい洗顔とは

美容と聞いてイメージするものといえば、化粧水などのスキンケアやフェイスパックによるスペシャルケアではないでしょうか。確かに肌に潤いを与えるのも大切ですが、洗顔もまた美容の基本であるといわれています。最近では炭や泥といった成分を配合して毛穴汚れをすっきり落としてくれるタイプもあれば、ヒアルロン酸などの美肌成分で保湿ができるタイプなど洗顔料も日々進化を重ねています。ただ汚れを落とすために顔を洗う時代は終わったといえるかもしれません。とはいえ、そういった成分に頼らなくとも洗い方を見直すだけで十分美肌効果を高めることができるのです。

大抵の人は子供の頃から気づけば洗顔料を使うようになっていたことでしょう。そのため自己流のやり方が身についていることが多いですが、間違った洗い方を続けていると肌トラブルに繋がってしまうことも珍しくありません。例えばきちんと洗い落とせていないと、その後いくら高い化粧水や美肌クリームを使ってもしっかり成分が浸透しない可能性があります。かといって何度も洗ったり熱いお湯で流したりすると肌には刺激になってしまい、乾燥を招いてしまいがちです。正しい方法で顔を洗えているかしっかりチェックして、きれいな肌を目指しましょう。

基本的なポイントとしては、十分に洗顔料を泡立てることが挙げられます。まずは手を洗った後に、手の平に適量を広げます。水かぬるま湯を少し加えて混ぜていけば、モコモコとした泡が出来上がります。泡立ちが足りない場合には、再度水を足して混ぜてみるといいでしょう。なかなか上手くいかないのであれば泡立てネットを使うという手もあります。ただしネットは使った後にしっかり乾かして清潔に保たないとニキビなど肌トラブルの原因となるため、気をつけるようにしましょう。十分な泡を作れたら手で肌をこすらないよう優しく洗い、最後にぬるま湯でしっかりすすぎ落とします。簡単なように思えて案外間違ってしまうことが少なくないので、普段の洗顔を見直してみることが大切です。

美肌になる為には基本的な美容法が大切です

スベスベの美肌は女性なら誰もが憧れます。

日々セルフケアに時間と費用をかけている人が大勢います。しかし加齢と共にハリと艶は失われていきます。老化のスピードは人それぞれなので、対策の仕方によっては遅くする事が可能です。その為には美容についての基本的な知識を押さえた上で肌質に合ったケア用品を利用する事が必要です。

高額な美容液等のケア用品を利用しているにも関わらず、思う様な効果を実感できない人がいます。その様な人の多くはセルフケアの方法が適切でない可能性があります。まず洗顔は清潔に保つ為にも必ず必要です。

しかし過剰な洗顔は皮脂を落とし過ぎたり、角質を削り取ってしまう可能性があるので注意が必要です。洗顔時は強く擦らず、タオルを軽く押し当てながら優しく水分をふき取ります。洗顔後は直ぐに保湿クリームを使用して潤いを保ち、バリア機能を正常に働かせます。

また、計画性の無いダイエットが肌に害を及ぼしている場合もあります。栄養管理もせずに極端な食事制限を続けていると、栄養失調になります。

代謝機能が低下すると毛穴に老廃物が溜まりやすくなり、様々な肌のトラブルを生じます。そしてカミソリによるムダ毛のお手入れが肌への負担になっている場合があります。ムダ毛が無い方がムレ難く、衛生的です。しかし気が付かない内に小さな傷を付けていたり、何度も皮膚を擦る事で過剰な刺激になっている場合があります。かぶれや痒み、湿疹等の慢性的な症状が続く人は一時的にお手入れを休んだ方が無難です。

これらの点について注意しながらスキンケアをしていく事で、美白成分のあるビタミンC誘導体や保湿成分があるコラーゲンを含む美容液の効果が十分に発揮されてきます。

セルフケアについて不安や疑問がある人は口コミサイトを利用するのが得策です。自分の年齢に近い人の美容全般についての意見や感想を知る事ができます。特定のケア用品についても、利用者の体験談を知る事ができるので、購入の際の参考になります。

美容の基本である洗顔を変えてみました

先月30歳の誕生日を迎えました。嬉しくもあり、とうとう30代なんだなって思う気持ちもあったりで複雑です。

子供の頃に思い描いていた30歳の自分は、大人の女性でバリバリ働いていて恋愛も楽しんでいるって妄想していたけれど、現実は違いました。

今は2歳になる息子とそれなりにかっこよくて優しい旦那様とごく普通の生活を送っています。月並みな言葉で言えば平凡ってやつですね。息子は本当に可愛くて愛おしい存在だけど、それでも子育てはイライラすることの連続です。気がつけば眉間にシワが寄っているし寝不足で目の下にクマができているし、昼間は息子を公園に連れていくのにバタバタしちゃって日焼け対策は後回しになってしまうし…

子供の頃に想像していたカッコいい大人の女性になっているはずの自分とは全く真逆の容姿になってしまいました。

30歳の誕生日を迎えた時に「私、もうおばさんなの?」と自問したら、やっぱりまだかっこいい大人の女性になりたいと思っている自分がいる事に気が付きました。今から社会に出てバリバリ働くのは厳しいかもしれないけれど、カッコいいママにはなれるはず。30代になったのを機に自分磨きを始めることにしたのです 。

まず、美容の基本は洗顔じゃないのかなと思いました。いくら完璧にメイクしても素肌が綺麗な人にはかないません。

とにかく正しい洗顔方法を心掛けたのです。どんなに家事や育児に忙しくても朝と晩の洗顔は今までだってやっていた事。 正しい方法で行うだけなら時間もお金もかからないですからね。

正しい方法で行えているのかは分からないけれど、ぬるま湯で力を入れずにそっと優しい力加減で洗顔するって事だけを意識して継続し続けたんです。すると今では

肌のキメが細かく整えられてきているし透明感を感じるまでになりました。素肌が綺麗だと自分に自信が持てますね。たぶん今の私は他人から見たら「カッコいいママ」になれているような気がします。美容にあれこれこだわるのも大切だけど、美容の基本である洗顔は本当に重要なんだなって実感しました。

シンプルなお手入れで美肌に導くIPSコスメティックス

若々しさを失わないためには、酸化を還元することが大切です。加齢、ストレス、大気汚染、紫外線などによって、体内では活性酸素が作られ、細胞が酸化します。細胞の酸化は、電子が失われた状態であり、失われた電子を補うこと、つまり還元することで、酸化した細胞を元の状態に戻すことができます。この点に着目して開発されたのが、IPSコスメティックスです。「清める」「活かす」というシンプルなステップを踏むことで、肌本来の美しさを引き出し、ハリ、ツヤ、透明感のある肌に導きます。

「清める」ステップで使用するのが、IPSコンディショニングバーです。石けん素地やパーム脂肪酸などの天然素材をベースに、カミツレ花エキス、ローズマリー葉エキス、コメ発酵液、スクワランなどの美容成分が配合されたナチュラルな固形石鹸です。ふんわりと濃密な泡が、酸化した汚れや皮脂、古い角質を優しく包み込み、クリアな素肌に導きます。潤い成分も配合されているので、洗い流した後もつっぱり感がなく、吸い付くようなしっとり肌に整えられます。通常のメイクであれば、2回洗顔すると、メイクを落とすことができます。

肌をクリアにした後は、「活かす」ステップに移ります。ここで使用するのが、IPSエッセンスジェルとIPSエッセンスです。IPSエッセンスジェルは、朝のお手入れに使用します。日中の肌は、紫外線や大気汚染などにさらされており、酸化しやすい状態です。IPSエッセンスジェルには、IPSコスメティックスが独自に開発したAOC6という複合成分やアシタバ葉・茎エキス、ホホバ葉エキスなどが配合されています。これらの成分が肌のバリア機能をサポートし、過酷な環境下に置かれた肌を守ります。また、加齢のサインを目立たなくさせる働きもあります。そして、夜のお手入れで使用するのが、IPSエッセンスです。夜は修復と再生の時間です。独自の複合成分AOC10やオウゴン根エキスなどのエイジングケア成分が、肌の修復を助け、年齢を感じさせない肌に導きます。