美しくなりたいから勉強!まずはIPSコスメティックスから始めます

美しくなりたい…その気持ちは女性なら誰もが持っていると思います。 でも思うだけではキレイになれません。気になっている化粧品がどんな成分でできていて、どんな効果があるのか…本当に効果的な化粧品やサプリは何なのか。勉強しなくては。 そう思いこのブログを始めました。 メモ代わりにこのブログに調べたことを蓄積させていきたいと思います。 まずは今私が一番興味のあるIPSコスメティックスから。

洗顔のコツは泡立てをマスターすること

顔の毛穴からは皮脂が分泌されます。また、皮膚のターンオーバーによって自然に古い角質が増えていきます。
ホコリ汚れなども付着しますので、何もしないでいると不潔な状態になりますが、洗顔をすればあっという間に綺麗な顔に仕上げることが可能です。
美容には欠かせないケアですが、洗顔はただ行うだけでは効果が弱まってしまうばかりか、皮膚を傷つけて炎症やニキビ、シミなどのトラブルを発生させる危険が高まるため油断できません。
ポイントになるのが、石鹸やフォーム、パウダーなどの洗浄剤の使い方です。
これらには界面活性剤が含まれており、水を加えて擦れば泡立ちます。
この泡が皮膚を傷つけないように、擦らないように洗うのに重要な存在になってくれます。泡立ては手のひらで行います。顔につけて擦って泡立てるのでは意味がありません。
泡が多ければ顔と手のひらの間でクッションのような役割を担ってくれます。これによって手を動かしながら洗っても、皮膚に直接手が触れる機会が減り、摩擦を防ぐ効果が得られます。しかし、たくさんの泡が作れてもすぐにしぼんでしまうのでは、クッションの役割を果たしてくれません。顔につけても崩れにくい、きめ細かく弾力のある泡を作るのが理想です。洗浄剤の種類が異なっても、基本的に泡立てのコツは同じです。
使用前に手のひらを綺麗に洗います。洗浄剤を適量、手のひらにとります。利き手とは逆の手に取るのがポイントです。
適量は商品の説明通りで良いですが、もったいないからと少なめの量にすると泡の量が減ってしまうため要注意です。
洗浄剤を取った手のひらを軽くすぼめて、水やぬるま湯を数滴垂らしたら、利き手の指を立てて混ぜながら泡立てていきます。
少し泡立ってきたら、再び水やぬるま湯を数滴加えて作業を繰り返します。
水分を一気に混ぜないようにするのが、綺麗な泡を作る重要な部分です。良い泡は、泡を持った手のひらを下に向けても落ちません。後は顔を擦らないように泡を転がしながら、丁寧に洗顔するだけです。

シンプルなお手入れで美肌に導くIPSコスメティックス

若々しさを失わないためには、酸化を還元することが大切です。加齢、ストレス、大気汚染、紫外線などによって、体内では活性酸素が作られ、細胞が酸化します。細胞の酸化は、電子が失われた状態であり、失われた電子を補うこと、つまり還元することで、酸化した細胞を元の状態に戻すことができます。この点に着目して開発されたのが、IPSコスメティックスです。「清める」「活かす」というシンプルなステップを踏むことで、肌本来の美しさを引き出し、ハリ、ツヤ、透明感のある肌に導きます。
「清める」ステップで使用するのが、IPSコンディショニングバーです。石けん素地やパーム脂肪酸などの天然素材をベースに、カミツレ花エキス、ローズマリー葉エキス、コメ発酵液、スクワランなどの美容成分が配合されたナチュラルな固形石鹸です。ふんわりと濃密な泡が、酸化した汚れや皮脂、古い角質を優しく包み込み、クリアな素肌に導きます。潤い成分も配合されているので、洗い流した後もつっぱり感がなく、吸い付くようなしっとり肌に整えられます。通常のメイクであれば、2回洗顔すると、メイクを落とすことができます。
肌をクリアにした後は、「活かす」ステップに移ります。ここで使用するのが、IPSエッセンスジェルとIPSエッセンスです。IPSエッセンスジェルは、朝のお手入れに使用します。日中の肌は、紫外線や大気汚染などにさらされており、酸化しやすい状態です。IPSエッセンスジェルには、IPSコスメティックスが独自に開発したAOC6という複合成分やアシタバ葉・茎エキス、ホホバ葉エキスなどが配合されています。これらの成分が肌のバリア機能をサポートし、過酷な環境下に置かれた肌を守ります。また、加齢のサインを目立たなくさせる働きもあります。そして、夜のお手入れで使用するのが、IPSエッセンスです。夜は修復と再生の時間です。独自の複合成分AOC10やオウゴン根エキスなどのエイジングケア成分が、肌の修復を助け、年齢を感じさせない肌に導きます。

IPSコスメティックスを使ったスペシャルケア

肌は周期的に生まれ変わっていますが、年齢を重ねると、その周期が遅くなります。すると、古い角質が肌に残り、肌がくすんで見えます。また、毛穴が古い角質で覆われるため、肌のキメが粗くなったり、ニキビができやすくなります。乾燥も招くため、小じわやたるみなどの原因にもなります。
いつまでも若々しく、美しい肌を維持するためには、肌がスムーズに生まれ変わるようなスキンケアを取り入れるのが効果的です。
ピーリングは、肌の生まれ変わり、つまりターンオーバーを促すお手入れ方法の一つです。美容皮膚科では、ニキビ肌の治療に、酸性の薬剤を使ったケミカルピーリングが行われます。肌細胞を活性化する方法としては効果的ですが、肌への刺激は強いため、乾燥肌や敏感肌は慎重に行わなければいけません。ピーリングは定期的に行う必要がありますが、プロにお願いすると、時間もお金もかかります。手軽に自宅でピーリングを行い人におすすめは、IPSコスメティックスを使ったスペシャルケアです。
IPSコスメティックスの基本的なお手入れ方法は、IPSコンディショニングバーで洗顔し、IPSエッセンスあるいはIPSエッセンスジェルで肌の状態を整えます。
この通常のスキンケアに加え、2週間に1回のペースで行うよう推奨されているのが、リズムケアです。リズムケアとは、ピーリングを行い、クリアな素肌に整えた後、美容成分が豊富に含まれた美容液でパックするお手入れ方法です。まず、IPSコンディショニングバーで洗顔し、IPSエッセンスをパッティングしながら肌に塗布します。そして、蒸しタオルで顔全体を覆い、毛穴を開かせます。その後、再度IPSエッセンスを塗布し、指の腹を滑らすようにしながら、ピーリングをします。角質が取れたら、IPSエッセンスをパッティングし、浸透させます。さらに、IPSエッセンスジェルをたっぷりと肌に塗布し、パックします。
リズムケアを行うと、潤いに満ちた、滑らかで明るい肌に整えられます。普段のお手入れに取り入れることで、肌の生まれ変わりがスムーズになり、トラブルのない美しい肌を維持することができます。

洗顔料は1日のうち夜だけでいい

ニキビの元となるアクネ菌は、洗顔料でないと殺菌することができません。しかし、洗顔料を使い過ぎると、肌の潤いを守ってくれているとっても大切な常在菌まで殺してしまいます。常在菌が死んでしまうと、肌のバリア機能が無くなって、乾燥やシミ、しわになってしまいます。
だからと言って顔を洗わない訳にはいきませんね。1日の終わり、お風呂に入っているときに洗顔料を使い、あとはよっぽどのことが無い限り、水やぬるま湯で洗うのが良いです。朝起きた時の肌は、布団などに擦られて乾燥していますし、1番敏感になっている状態なんです。そんな時に洗顔料を使ってしまうと、肌へのダメージが酷くなるんです。
どうしても水やぬるま湯だけでは物足りないなと感じてしまうのならば、拭き取り化粧水を使うのがおすすめです。これなら、きちんと肌機能を守りつつ、汚れだけを拭き取れますし、なにより化粧水なので、拭くことで起きた刺激を即座に保護してくれます。洗面台の水しぶきや、胸元や腕などの濡れも無く、サッと朝の身支度ができるのも、拭き取り化粧水の利点ですね。
1日の最後の大事な1回は、ご自分の好きなものを使うのがいいでしょう。高くても安くても要は洗い方次第です。スクラブ入りはあまりおすすめしませんが、それ以外はきちんと泡立てて、肌を泡で撫でるように、クルクルと細かく洗うことです。長い時間をかける必要は無く、2~3分位で流した方が良いです。その時も、出来れば洗面器などにぬるま湯を貯めて洗い流すのが理想ですが、シャワーならすごく弱く出して顔に当てて流してくださいね。
とにかく、ずっと顔は外気に触れていて、化粧などでどんどん酸化していくものなんです。年齢にもよりますが、ゴシゴシ洗って良いことなんかないと言っていいと思います。夏にさっぱりしたいなら、優しく洗ってから、さっぱり系の化粧水などでパッティングすれば、爽やかで健やかな肌でいれるはずです。長く健康的な肌を維持していきましょう。

ビタミンCを効率的に摂取する方法

美肌の大敵の酸化を引き起こす活性酸素。この活性酸素を消滅させてくれる手助けをしてくれるのがビタミンCなのです。野菜や果物などのたくさん含まれており、風邪などにも効果があるとしてビタミン系のサプリやドリンクを積極的に摂取しているかたもいるのではないでしょうか。
そんな方に是非しっておいていただきたいのが、ビタミンCの上手な摂取の仕方です。ビタミンCは活性酸素を消す際にビタミンCも消えてしまうため、酸化を防ぐには多くのビタミンCが必要となります。ちょっとした一工夫で摂取できるビタミンCの量を2倍近くまで増やすことができる方法があるので、必見です。
まずは、ビタミンCのサプリを服用している方は食前よりも食後に服用いただくと良いと思います。理由としては、ビタミンCは尿とともに出てしまいやすい栄養素なのですが、食後に摂取することで、食べた食材と一緒にゆっくりと体に吸収されていくので、最初に摂取したのとでは4割程度摂取効果に差があるとも言われています。また、野菜や果物については、事前に切っておくことでビタミンCが増えるのです。切ることによって空気に触れる面積が増え、野菜や果物の中でも活性酸素が増え、それと同時に活性酸素を抑えるためのビタミンCが多く発生するのです。した準備に野菜が傷まない程度事前に切っておく、もしくは一度切ってから冷凍をする。フライパンで蒸してから使用するのも良いようですので、たくさんのビタミンCを摂取して錆びない体を作りましょう。

美の意識

スキンケアのことについて色々調べたり、綺麗な方に「何処の化粧水使っていますか?」と友達周りで調査したりしているのですが、たまにすごく綺麗な方なのに全然こだわっていないという方もいてびっくりします。もちろん元々お肌が綺麗だということもあるのでしょうが、それだけではないと思いきいてみると、「見られている」という意識をこころがけているということでした。
つまりは人前での歩き方や仕草、言葉遣いもすごく気をつけて「綺麗な女性」であるよう常に意識をしているそうです。自分が綺麗な女性だと思いこむことでお肌の衰えをスローにしている。こんなこと本当にあるのでしょうか?
私は何人もの方にお会いして、お話をお伺いしているなかで、意識が大事なのであるということを認識しました。何か目標に向けて常に意識する。下手なダイエットみたいにとりあえず5キロ落とそう。等のものではなく、身近にいる綺麗な人になろう!とか芸能人でもこんな可愛い人になる!といった終わりのない意識が大事だと思います。
少し年をとってもかっこいい着こなしであればお肌をさらけ出してもいいと思います。
そうすることでまた「見られている」効果が発動し、お肌の活性化に繋がると思います。
素晴らしいスキンケアや、サプリメント等外からでも中からでも体は美しくなる時代になっています。
しかし目に見えないこういった力は必ずあります。いくら外見がきれいになっても内心が汚ければきれいではありません。一つ一つの行動を意識するだけで綺麗になると思います。これは女性だけでなく男性にもいえることではないかと思います。まずは内側の意識から変えて、外見もきれいになるよう心がけましょう。

広告を非表示にする

美肌のツボ

ニキビやしみ・しわ、ハリやくすみなど気になるお肌の症状に対して、根本的な治癒方法ももちろんありますし、日ごろの対策が効果をだすことももちろんあるのですが、明日デートなのに、結婚式前なのに・・などなんとかすぐに結果を出したいって人もいますよね。そんな方にお勧めなのが、ツボの刺激なんです。東洋医学で、きちんと証明されている美肌に効くツボがたくさんありますので、それらを今日はお伝えできればと思っています。
まずは、「迎香」といわれている小鼻のちょっとくぼんだ所を人差し指で頭の中心へむかって押すイメージで刺激してみてください。こうすることでアンチエイジング効果があり、小じわや肌荒れ、しみなどに効果があると言われています。また「四白」といわれている目の中央下部、目から1センチほど下のところ少しくぼんでいるところを人差し指で気持ち上に押すような方法で5秒押しては、5秒離すという方法を5回繰り返すと、顔のむくみの解消につながり、小顔効果が期待できるツボなのです。また、「地倉」というツボは肌のトーンをワントーン明るくしてくれて、肌の乾燥を改善してくれます。口角の両サイドにあるツボで、強すぎないように意識しながら気持ちの良い強さで地倉をおすことで口角も上がり、表情も和らぎます。どのツボを押すときにはゆっくりと力を入れすぎずに行うことが大事で、息をはきながら5回程度繰り返し行うようにしましょう。化粧前や、夜のスキンケア後などにツボマッサージも取り入れてみてはいかがでしょうか。

広告を非表示にする